岩手県の温泉

2016年1月25日 (月)

花巻温泉は大型リゾートホテルと宮沢賢治!

岩手県花巻市街から西方向に約8キロ地点にあるのが花巻温泉(はなまきおんせん)です。

花巻温泉の印象は、華やかなリゾート温泉という感じです。山や川や花など、とにかく景観が美しいところです。

花巻温泉の湯は、台温泉から引き湯したものです。湯治をするというよりリゾートホテルで楽しみたい方におすすめかなと思います。特に、初夏から「花巻温泉バラ園」では広大な土地に美しいバラが咲き誇りますので見応えがあります。

温泉の宿泊施設は、大型のリゾートホテルが4軒あります。花巻温泉や花巻市街には、この地に誕生した宮沢賢治関連のものを沢山みることができます。宮沢賢治ファンの方は絶対に観光に訪れたほうがよいと思います。

【場所】
岩手県花巻市

【温泉泉質】
単純温泉

【楽天トラベル評価上位のホテル・旅館】

2016年1月24日 (日)

つなぎ温泉と並ぶ盛岡の奥座敷 リゾート感溢れる「鶯宿温泉」

岩手県の鶯宿温泉を紹介しますね。読み方は「おうしゅくおんせん」です。

鶯宿温泉は、つなぎ温泉と同様に盛岡の奥座敷として発展した温泉であります。大型レジャー観光施設のけんじワールドがあって温泉街も活気がありましたが、残念ながら2013年に閉館となりました。しかし、小岩井農場や八幡平にも近いので観光客の宿泊施設としてはまだまだ人気があります。

鶯宿温泉の温泉街は、鶯宿川を挟んで両側に20軒以上の旅館があります。大きくておしゃれなリゾートホテルから高級旅館、風情を感じる湯治宿など様々な施設が存在しています。中でも「ホテル森の風 鶯宿」は、岩手山を一望できるという空中露天風呂が人気を集めています。

鶯宿温泉の開湯は、約450年前の安土桃山時代に遡ります。川の中から湧き出ているお湯で傷を癒していた鶯(うぐいす)から温泉名を取ったらしいですね。

鶯宿温泉は、湯量も豊富なので、渓流沿いにある風景を楽しみながら満喫してみるのがおすすめです。

【場所】
岩手県岩手郡雫石町

【温泉泉質】
硫黄泉

【楽天トラベル評価上位のホテル・旅館】

2015年3月 9日 (月)

小岩井農場の帰りはつなぎ温泉で体を癒す

岩手県のつなぎ温泉を紹介したいと思います。

つなぎ温泉(繋温泉)は、岩手県の県庁所在地である盛岡市にある温泉地です。盛岡の市街地から車で約30分で訪れることができます。

盛岡の奥座敷ともいわれるつなぎ温泉では、大きな旅館から小さな旅館まで15軒ほど立ち並んでいます。これらの宿泊旅館では、食事付きの日帰り温泉プランを実施しているところが多いのも特徴です。また、岩手の観光スポットとして人気のある小岩井農場で遊んだ帰りにつなぎ温泉でゆっくり体を癒す方も多いようです。

つなぎ温泉は、御所湖と呼ばれるダム湖の湖畔にあり、夏の花火大会は多いに賑わいます。

最後につなぎ温泉の名前の由来ですが、11世紀に源義家(八幡太郎)が穴のあいた石に愛馬を繋いで温泉につかったからだそうです。つなぎ温泉にある温泉神社に「つなぎ石」があるそうです。

【場所】
岩手県盛岡市

【温泉泉質】
単純硫黄泉

【人気のホテル・旅館】

2015年2月15日 (日)

豊富な湯量!栗駒山の雄大な姿を一望できる「須川高原温泉」

岩手県と秋田県の県境にある標高1126mに湧く源泉をもつ須川高原温泉を紹介したいと思います。

須川高原温泉は、岩手県一関市厳美町にありますが、栗駒国定公園内のすごい山の中にあります。栗駒山だけでなく鳥海山の雄大な姿を観ることができます。

須川高原温泉の宿は一軒だけで、その名もそのまま「須川高原温泉」です。ちなみに300m離れたすぐ近くに須川温泉の「栗駒山荘」があります。栗駒山荘は秋田県に位置しています。宿泊施設的には、栗駒山荘のほうが綺麗で近代的ですが、昔からの湯治場の雰囲気を楽しみたいなら須川高原温泉のほうがオススメです。

須川高原温泉の湯量はとても豊富(毎分6000L)で、栗駒山荘にも源泉を引湯しています。また、国内でもめずらしいとされる強酸性の温泉として有名です。

11月からGW前まで冬期休業に入るので、新緑の季節や紅葉の季節に訪れるのをおすすめします。須川高原温泉の露天風呂は「千人風呂」だそうです。

【場所】
岩手県一関市厳美町祭畤山国有林内

【温泉泉質】
含硫黄-鉄-アルミニウム硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)

【人気のホテル・旅館】

2015年2月 2日 (月)

台温泉 昔ながらのひなびた温泉街を楽しむ

岩手県花巻市にある花巻温泉郷の中から台温泉を紹介したいと思います。

花巻温泉郷は、豊沢川沿いに広がる様々な温泉(松倉温泉、志戸平温泉、鉛温泉など)と山を挟んだ北の方角に花巻温泉や台温泉があります。

豊沢川沿いの温泉は、温泉街を形成しているというより一軒宿が点々とある印象を受けます。一方、花巻温泉は近代の大型ホテルが4~5軒、華やかな印象の温泉街を形成しています。台温泉は、花巻温泉と対照的に古き良き時代の面影を残す風情ある温泉旅館が20軒ほど立ち並んでいます。

台温泉の旅館は、昔の建物そのもので営業しているところもありますし、改築して今風のモダンな旅館(やまゆりの宿など)になっているところもあります。台温泉は、昔ながらの温泉街で温泉を楽しみたい方におすすめです。

肝心の温泉ですが、隣にある花巻温泉にも湯量を供給しているだけあって、とにかく湯量がとても豊富です。また、旅館によって泉質が違うのも特徴です。源泉かけ流しの温泉を楽しめますよ。

【場所】
岩手県花巻市

【温泉泉質】

  • 単純硫黄泉
  • 含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・硫化物泉
  • ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉

【人気のホテル・旅館】