« ぬめりのあるお湯が特徴!美肌の湯 七沢温泉 | トップページ | 箱根最大の温泉地 箱根湯本温泉 »

2016年3月19日 (土)

万葉集にも詠われた子宝の名湯、湯河原温泉

湯河原温泉(ゆがわらおんせん)を紹介しますね。

湯河原温泉は、万葉集にも詠われた歴史ある温泉地です。歌碑の「足柄の土肥の河内に出ずる湯の世にもたよらに子ろが言はなくに」が温泉街にあります。

温泉街は、湯河原駅から千歳川沿いにあります。少し寂れた感じがする温泉街ではありますが、古き良き温泉街の風情を感じ取れる場所でもあります。

旅館やホテルよりも日帰り入浴できる施設や足湯の方が人気があるかもしれません。日帰り温泉入浴施設は、町が運営している「こごめの湯」があります。また、国内トップクラスと言われる足湯施設「独歩の湯」があります。この足湯は、全部で9種類あるという事です。

湯河原温泉は、小説にも度々登場しています。足湯施設「独歩の湯」の名前の由来になった国木田独歩をはじめ、 夏目漱石や芥川龍之介なども湯河原温泉を舞台にして筆をとりました。

ちなみに日帰り入浴施設の「こごめの湯」は、湯河原温泉の泉質からきています。刺激が少なく柔らかい名湯という事で、「子宝の湯」として有名でした。昔は「子込めの湯(こごめのゆ)」と呼ばれていたそうですよ。

【場所】
神奈川県足柄下郡湯河原町

【温泉泉質】
単純泉、弱食塩泉、石膏泉など

【人気のホテル・旅館】

« ぬめりのあるお湯が特徴!美肌の湯 七沢温泉 | トップページ | 箱根最大の温泉地 箱根湯本温泉 »

神奈川県の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/63365225

この記事へのトラックバック一覧です: 万葉集にも詠われた子宝の名湯、湯河原温泉:

« ぬめりのあるお湯が特徴!美肌の湯 七沢温泉 | トップページ | 箱根最大の温泉地 箱根湯本温泉 »