« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月25日 (木)

子宝や安産祈願の霊石「おなで石」がある川治温泉

鬼怒川温泉の紹介時にも登場した川治温泉(かわじおんせん)を紹介しますね。

川治温泉は、鬼怒川温泉とほど近い場所にあり車で30分位ですかね?

鬼怒川と男鹿川の合流地点にある温泉地で、温泉旅館は男鹿川沿いに10軒ほどあります。鬼怒川温泉の渓谷に負けず劣らずこちらも美しい渓谷が広がっています。

鬼怒川温泉と比べると派手さというか大型の温泉地のイメージはないですが、 素朴ないい味を出しているので自然の中で静かに自分を見つめなおすのにいいところだなぁと思います。

そして、川治温泉といえば、怪我などの外傷に効能を示します。昔から「傷は川治、火傷は滝(鬼怒川温泉)」と言われてきました。それと、リウマチにも良いそうですよ。

川治温泉の温泉街には、おなで石という霊石が祀られているのですが、子宝や安産を祈願する方に人気です。おなで石は、女陰の形をしていて、亀裂に沿いながら撫でると子宝や安産の霊験があるそうです。

川治温泉の開湯は、江戸時代に男鹿川が氾濫した際に偶然発見されたそうです。会津西街道の宿場町として栄え、沢山の湯治客を迎え入れたそうです。

【場所】
栃木県日光市

【温泉泉質】
アルカリ性単純泉

【人気のホテル・旅館】

2016年2月24日 (水)

国民保養温泉地の第1号「日光湯元温泉」

栃木県の奥日光にある日光湯元温泉(にっこうゆもとおんせん)は、標高約1500メートルの高所にある湖畔の温泉地です。

金精峠と呼ばれる標高約2000メートルの麓にあって周りを見渡すと山・山・山という感じです。白根山や男体山に囲まれているんですよね。

湯ノ湖の湖畔沿いに温泉旅館やホテルが15軒ほどあります。

湯ノ湖

温泉の泉質が硫黄泉なので、臭いが鼻にツーンときます。白く濁ったお湯という事もあり、これぞ、温泉と感じさせてくれるところかもしれませんね。とろみも少しあります。

それと、数年前に大きな足湯「あんよの湯」もオープンしました。無料で利用できるので今度、立ち寄ってみたいですね。

日光湯元温泉の歴史について。 788年、日光山の開祖・勝道上人が発見したそうです。日光湯元温泉と呼ばれる前は、二荒山温泉と呼ばれていたとの事です。

また、日光湯元温泉は、国民保養温泉地の第1号温泉地でもあります。酸ヶ湯温泉(青森県)と四万温泉(群馬県)と同時に指定されました。

国民保養温泉地に選ばれた温泉地は、温泉の効能だけでなく、温泉地としての健全さなどの資質も条件とされています。有名どころで指定されている国民保養温泉地は、湯布院(大分)がありましたが、意外と有名どころの温泉地が入っていないなぁと感じました。

【場所】
栃木県日光市

【温泉泉質】
硫黄泉

【人気のホテル・旅館】

温泉郷の名称のはじまりは塩原温泉郷から

本日は、栃木県那須塩原市にある塩原温泉郷(しおばらおんせんきょう)を取り上げてみます。

塩原温泉郷は、箒川沿いの渓流に点在する11の温泉を指します。塩原十一湯とも呼ばれます。

【塩原十一湯】
大網温泉、塩釜温泉、福渡温泉、古町温泉、塩の湯温泉、畑下温泉、門前温泉、元湯温泉、中塩原温泉、上塩原温泉、新湯温泉

複数の温泉地をまとめて「温泉郷」と呼んだのは、この塩原温泉郷がはじまりだったそうですよ。

各温泉で泉質も違いますし、当然、効能も違います。湯巡りをしてみるのもおすすめです。塩原温泉郷の温泉地や観光名所を巡回するバスもあり是非、それを利用してほしいです。

塩原温泉郷は、1200年以上もの歴史がある古湯です。畑下温泉は、尾崎紅葉が金色夜叉を執筆した旅館(清琴楼)があったりします。文人にも愛された名湯です。

そういえば、ニュースにもなりましたが、福渡温泉の人気の混浴露天風呂「不動の湯」は閉鎖に追い込まれましたね。一部のグループが風紀を乱していたためです。温泉でのマナー違反が最近、目立ちますね。

【場所】
栃木県那須塩原市

【温泉泉質】
塩化物泉、硫黄泉など

【人気のホテル・旅館】

2016年2月23日 (火)

殺生石(九尾の狐)や映画のロケ地がある那須温泉郷

日光国立公園の中にあり那須岳の南側に麓に位置する那須温泉郷(なすおんせんきょう)について紹介致します。

那須温泉郷は、那須七湯が有名です。

かつて、那須湯本温泉、板室温泉、大丸温泉、弁天温泉、北温泉、高雄温泉、三斗小屋温泉を指していましたが、 「那須七湯」は時代とともに変化しつつ、現在は、板室温泉が外れて八幡温泉が入った形だそうです。

また、新那須温泉を入れて「那須八湯」とすることもあるそうです。

それぞれ泉質が違うので、湯めぐりをするのもおすすめですね。山深いところにある秘湯が多いです。

代表的な温泉地についても紹介しておきますね。

那須温泉郷の中心にあるのが那須湯本温泉です。鹿の湯という共同浴場があるのですが、ここが那須温泉郷の開湯伝説の場所です。鹿が傷を癒していたところから「鹿の湯」と付けられたそうです。

また、近くには、観光名所にもなっている史跡の殺生石(九尾の狐)がありますね。

殺生石

北温泉は映画「テルマエ・ロマエ」のロケ地になりプールの広さ位の露天風呂が名物です。

新那須温泉は、皇室の那須御用邸がある温泉地です。高級旅館が多く湯治だけでなく上品に優雅に(!)過ごしたい方におすすめです。

【場所】
栃木県那須郡那須町

【温泉泉質】
硫黄泉、単純泉など

【人気のホテル・旅館】

2016年2月22日 (月)

平家の落ち人伝説が残る「湯西川温泉」では渓谷の露天風呂が楽しめる

栃木県日光市の日光国立公園内にある湯西川温泉(ゆにしがわおんせん)は、平家の落ち人伝説が残る風情溢れる山里の温泉地です。

湯西川温泉は、湯西川沿いにあり渓谷がとっても美しいので新緑や紅葉の季節に訪れるといいですね。勿論、冬も風情があっていいですよ。かまくら祭りのイルミネーションは幻想的ですよ。

かまくら祭

又、ほとんどの温泉旅館で、渓谷での露天風呂が楽しめます。旅館の露天風呂だけでなく、共同浴場や無料開放されている露天風呂や足湯などもあります。温泉は、刺激が少ないタイプのアルカリ性の単純泉なので、肌に優しいのが特徴です。

湯西川温泉ではグルメも楽します。イワナやニジマスをはじとした川魚の他、山菜も豊富ですし、野鳥や岩魚をつかった郷土料理などもあります。以前、テレビの旅番組で観たのですが、手打ちのお蕎麦も美味しそうでしたよ。

そして、湯西川温泉と言ったら平家の落ち人伝説です。日本の至る所に平家が落ち延びたとされる土地がありますが、ここはその中でも特に有名な場所です。平忠実が落ち延びてきて、その子孫が1573年(天正元年)に温泉を発見したとの事です。

【場所】
栃木県日光市

【温泉泉質】
アルカリ性単純泉

【人気のホテル・旅館】

不況からの脱却を!東京の奥座敷と称された栃木の名湯「鬼怒川温泉」

栃木県の温泉、名湯を紹介していきます。

栃木県を代表する温泉といえば、鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)があります。鬼怒川温泉は、鬼怒川上流に位置する渓谷が美しい温泉地です。

昔は、東京の奥座敷と呼ばれて、箱根温泉や熱海温泉と並ぶほどの活気に満ちた大きな温泉地でした。

鬼怒川温泉

ただ、首都圏の他の温泉地に比べるとアクセスが悪い事とバブル崩壊後、大きな温泉旅館の経営不振、廃業などが相次ぎました。それでも知名度は抜群ですし、年間200万人以上の観光客が訪れる温泉地です。

鬼怒川温泉の温泉街は、鬼怒川温泉駅から鬼怒川公園駅までの区間を鬼怒川沿いに広がっています。大きな建物の旅館やホテルが目立つ一方で、廃ホテルの存在も目立ちますね。

鬼怒川公園の中に気軽に立ち寄れる岩風呂もあります。鬼怒川温泉の効能は、火傷や皮膚病にいいとされます。近くの川治温泉は傷に良くて、鬼怒川温泉は火傷に良いと云われていた程です。

鬼怒川温泉の歴史ですが、発見は1752年説と1692年説があると伝わります。昔は「滝温泉(滝の湯)」という名前であり、昭和2年になって鬼怒川温泉と改名したそうです。

そして、日光の寺社領であったため、日光参拝に来た大名や僧侶のみが入浴できる特別な温泉だったようです。そのため、一般の人が入浴できるようになったのは、江戸幕府の討幕後、明治時代に入ってからです。

鬼怒川温泉の近くには、観光名所の東武ワールドスクウェアや日光江戸村などがあります。

【場所】
栃木県日光市

【温泉泉質】
アルカリ性単純泉

【人気のホテル・旅館】

2016年2月21日 (日)

八幡平温泉郷で森林浴とアウトドアを楽しもう

ひとつ前の記事にて紹介した秋田県の玉川温泉は、八幡平温泉郷の一つに数えられます。今回は、八幡平温泉郷について簡単に紹介したいと思います。

八幡平温泉郷というのは、秋田県と岩手県にまたがっている八幡平の近くにあるいくつかの温泉の総称であります。それぞれ、国民保養温泉地に指定されていて、玉川温泉のほかに後生掛温泉、蒸ノ湯温泉、大深温泉、大沼温泉、藤七温泉があります。

ちなみに藤七温泉のみ岩手県側にあり、上記の他の温泉地はすべて八幡平の秋田県側にあります。国民保養温泉地以外にも秋田県の新玉川温泉や岩手県の東八幡平温泉なども温泉郷の一つとして紹介されることが多いです。

八幡平は、広いブナ林の中にあるので、八幡平温泉郷に足を運べば自然と森林浴を楽しめます。もちろん、温泉も効能豊かなところが多いので温泉療養にも適しています。

湯めぐりをするにもおすすめですし、八幡平は新緑の季節、紅葉の季節などいつ行っても景色が最高です。周辺にはアウトドアの施設も沢山ありますし、観光しながらリフレッシュもできるのでおすすめの場所であります。

2016年2月20日 (土)

北投石と岩盤浴で知られる癌(がん)治療の秋田県「玉川温泉」

秋田県の玉川温泉(たまがわおんせん)といえば、がん治療に良い等々、全国的に有名になった温泉であります。

実際に玉川温泉に足を延ばすと、癌患者とその家族の方が大勢訪れているようです。がんに効くと云われるのは、玉川温泉が放射能を持つラジウム温泉でもあるからだと思います。

玉川温泉に関する情報を集めてみました。

まず、玉川温泉の場所は、八幡平という秋田県と岩手県にまたがっている山脈があるのですが、そこの秋田県側にあります。

八幡平は火山なのですが、その火山が作り出している強酸性の湯が玉川温泉の源泉になります。一か所からの湧出量、毎分9,000リットルは、日本でナンバー1だそうです。

さらに、胃液よりも強いとされる強い酸性はPH1.2で、肌の弱い人だと赤くなってピリピリするはずです。敏感肌の人は絶対に肌荒れするような気がしますが・・・。それでも皮膚病や癌などに効くといわれているので療養目的の方は後を絶ちません。

温泉の禁忌症に大抵、がんが表示されていることが多いです。玉川温泉も同じようにがんが禁忌症となっているようですが。

そして、玉川温泉の紹介でよくみられる光景が、効能あらたかな北投石と地獄地帯での岩盤浴です。たくさんの人がゴザを引いて岩盤浴を行っているのです。

玉川温泉は、はじめは一軒の宿しかなかったようです。しかし、玉川温泉が全国的に有名になったこともあり長期の湯治客も多くなりました。そこで、1998年に新玉川温泉として新しい宿泊施設が誕生しました。この他に観光客向けの宿泊施設も近年オープンしました。

玉川温泉は、1680年に鹿が傷を癒しているところを地元のマタギが発見したのがはじまりだという事です。なので、玉川温泉という名前の前は、「鹿の湯」や「鹿湯」と呼ばれていたそうです。本格的に開湯したのはもっともっと後のことになります。

【場所】
秋田県仙北市

【温泉泉質】
酸性塩化物泉

【人気のホテル・旅館】

2016年2月19日 (金)

小安峡温泉で渓谷美と大迫力の小安峡大噴湯を観よう

渓谷の中で大迫力の大噴泉を観ることができる小安峡温泉(おやすきょうおんせん)を紹介したいと思います。

小安峡大噴湯は、テレビの旅番組でしか観たことがないのですが、凄くて一度は行ってみたい観光地の一つです。渓谷沿いにそって遊歩道もあって、自然豊かな場所にあります。

小安峡

小安峡温泉街は、その小安峡にほど近い場所にあって、国道398号沿いに広がっています。皆瀬川という川も流れていますね。旅館は現在19軒存在するそうで、足湯や飲泉場があるところも。日帰り浴場や共同浴場もあるそうですが、地元の方たちが利用しているそうです。

小安峡温泉の開湯は、江戸時代の始めで、仙台と秋田を行き来する旅人たちに利用されていたとか。また、秋田藩の湯治場としても利用されたそうです。

小安峡温泉のお湯は、無色透明で湯上りが気持ちいいとの事です。温泉効能としては、皮膚病や火傷、外傷などです。体の中というより外側を治すのに良さそうですね。

【場所】
秋田県湯沢市

【温泉泉質】
含芒硝弱食塩泉

【人気のホテル・旅館】

十和田観光をするなら大湯温泉の名湯を堪能しよう

秋田県鹿角市にある大湯温泉(おおゆおんせん)は、十和田観光の南側の玄関口として栄えた温泉地です。別の呼び方で十和田大湯温泉とも呼ばれます。

米代川の支流にある大湯川沿いに温泉が湧き出ていて、現在は、10軒ほどの旅館があるとされ共同浴場も4か所あります。共同浴場は、上の湯、下の湯、川原の湯、荒瀬共同浴場とあり地元に人たちに愛されています。

大湯温泉の開湯は、800年前と伝わります。江戸時代は、南部藩の保養地でもあった由緒正しき温泉です。また、盛岡と鹿角を結んでいた街道の宿場でもあり、近代は鉱山が近くにあったため いつの時代も保養地として利用されてきたようです。

【場所】
秋田県鹿角市

【温泉泉質】
ナトリウム-塩化物泉

【人気のホテル・旅館】

2016年2月18日 (木)

乳白色の秘湯・乳頭温泉郷と湯めぐり帖

乳白色の温泉で山奥にある秘湯といえば、乳頭温泉(にゅうとうおんせん)を思い出す方が多いのではないでしょうか?

乳頭温泉郷は、秋田県仙北市にあり、十和田八幡平国立公園内の乳頭山のふもとにあります。

乳頭温泉は、ひとつの温泉地でなく、8つの温泉地で形成されている温泉郷です。

8つの温泉は、鶴の湯温泉、蟹場温泉、孫六温泉、黒湯温泉、妙乃湯温泉、大釜温泉、田沢湖高原温泉、一本松温泉です。

妙乃湯

一本松温泉以外はすべて1軒宿になっています。田沢湖高原温泉は休暇村乳頭温泉郷という名前です。一本松温泉は、乳頭山の登山道の途中にあり、宿はないのですが源泉が湧いています。 これこそ秘湯中の秘湯、野湯であると言えます。

乳頭温泉郷のどこかの宿に宿泊すると湯めぐり帖を購入できます。1500円程度で購入できる湯めぐりの手帳なのですが、1年有効で乳頭温泉郷の日帰り入浴が楽しめます。秋田県在住なら絶対に乳頭温泉郷に宿泊して湯巡り帳を購入していましたね(笑)

乳頭温泉郷の中で一番の古湯は、鶴の湯です。江戸時代から秋田藩主の湯治場でした。テレビなどでよく乳白色の露天風呂が映し出されますよね。

【場所】秋田県仙北市

【温泉泉質】
単純硫化水素泉、酸性硫黄泉、炭酸水素泉、重曹炭酸水素泉、ラジウム鉱泉など

【人気のホテル・旅館】

伝統芸のなまはげと石焼きが名物料理の男鹿温泉郷

昨日、なまはげが無形文化遺産に申請する旨の報道がありましたね。

そこで、関連の温泉地という事で、今でも行われている伝統行事のなまはげの地にある男鹿温泉郷(おがおんせんきょう)について取り上げたいと思います。

なまはげ

男鹿温泉郷は、一千年以上もの歴史がある古湯で日本書紀にも登場しています。しかし、温泉として栄えたのは江戸時代からで秋田藩の湯治場だったとか。

入道崎の東に位置する北浦地区を中心として、湯本温泉や石山温泉などが男鹿温泉郷として形成されています。

温泉旅館では、なまはげの太鼓をつかったライブ、秋田三味線など楽しめるそうです。また、名物料理の石焼きも提供するところが多いです。石焼きとは、新鮮で生きのいい魚介類が入った木桶に熱くなった石を投げ入れてその熱で煮込む味噌風味の料理です。男鹿半島の景色を堪能しながら名物料理と伝統芸を観るのは最高ですよね。

最後に、男鹿温泉郷の湯についても紹介しておきますね。湯量は豊富で、泉質は塩化物泉が多く、旅館で自家源泉を持つところも多いです。食塩が含んでいるため保温効果があると云われています。

【場所】
秋田県男鹿市

【温泉泉質】
塩化物泉

【人気のホテル・旅館】

2016年2月17日 (水)

秋田県一の古湯「秋の宮温泉郷」は紅葉の時期に訪れよう

秋田県で最も古い歴史があるといわれる秋の宮温泉(あきのみやおんせん)について紹介していきたいと思います。

秋の宮温泉郷は、秋田県湯沢市にあります。

温泉の発見は、奈良時代と伝わりますが、本格的な開湯は1702年の事です。その時、秋の宮温泉郷で初となる温泉宿「新五郎湯」が開業しました。

秋の宮温泉郷の温泉街は、国道108号沿いにあります。約10~12軒ほどの旅館があり、先述の新五郎湯をはじめ、秋の宮山荘、宝寿温泉、おなじみ荘などあります。

源泉の数は豊富で、この辺り一帯に住む一般家庭でも温泉を引いているそうです。その数は、約7割を占めるそうで、家にいながら温泉に入れるなんて贅沢ですよね。羨ましい限りです。

また、秋の宮温泉郷は秋になれば紅葉が美しいところでもあります。日本の紅葉百選にも選ばれている程です。

【場所】
秋田県湯沢市

【温泉泉質】
単純泉、緑礬泉、塩化物泉など

【人気のホテル・旅館】

2016年2月15日 (月)

日本三大美人の湯として知られる秋田県の湯瀬温泉

湯瀬温泉(ゆぜおんせん)は、秋田県鹿角市にある温泉地ですが、山深いところにあり秋田県と岩手県の県境辺りにあります。鹿角市自体が、青森県十和田市と岩手県八幡平市に隣接しているので県をまたいで観光できるのもいいですね。

湯瀬温泉は湯瀬渓谷の上流部にあり、自然の中で美しい景勝地を堪能することができます。

湯瀬渓谷

美肌の湯としても知られていて、湯量が豊富で無色透明なので肌にも優しいのが特徴です。日本三大美人の湯の一つに数えられます。ちなみに他は、川湯温泉(群馬県)と竜神温泉(和歌山県)です。肌荒れやにきびなどの肌トラブルに悩んでいる方は一度入浴してみたい温泉ですよね。秋田の温泉ですし、きっと秋田美人のように肌が綺麗になれる事と思います。

湯瀬温泉は、米代川沿いに温泉旅館が5軒ほどあります。

湯瀬温泉の名前の由来は、川の瀬からお湯がたくさん溢れだしたからだそうです。

【場所】
秋田県鹿角市

【温泉泉質】
アルカリ性単純温泉

【人気のホテル・旅館】

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »