« 上山の城下町として栄えた上山温泉(かみのやま温泉) | トップページ | 桜並木の下で散策と足湯ができる温海温泉(あつみ温泉) »

2016年1月30日 (土)

弁慶と源義経の子の産湯伝説が残る「瀬見温泉」

瀬見温泉(せみおんせん)は、赤倉温泉と同様に山形県と宮城県の県境付近に位置した山深いところにある温泉地です。

宮城県の鳴子温泉郷にも近いので、3つの温泉郷共通の湯めぐりチケットが発行されています。それぞれの名湯を堪能してみるのも良さそうですね。又、名物のふかし湯の体験もおすすめですよ。

瀬見温泉の歴史にはロマンがあります。源義経は平泉を目指す途中に、武蔵坊弁慶がこの湯を発見したとの言い伝えがあります。義経の子供・亀若丸の産湯を探していた弁慶が、岩から湯が立ちのぼっているのを見つけ長刀で割ったら温泉が湧き出た。その長刀の名前が「せみ王丸」だったので、温泉名に「せみ」がついたらしい。

弁慶岩

瀬見温泉の温泉街は、小国川沿いにあります。小国川の中に源泉があり、ここに湯船があって薬研の湯と言うらしいです。ちなみにここがあの弁慶のみつけた開湯伝説の場所だとか。

瀬見温泉は一見、錆びて古びた感じの温泉地に思えますが、老舗の旅館も多くおもてなしは上々との評判です。天皇陛下や皇族の方々が山形に訪問した際は、瀬見温泉に宿泊する事もあるのだとか。

【場所】
山形県最上郡最上町

【温泉泉質】
含石膏食塩泉

【人気のホテル・旅館】

« 上山の城下町として栄えた上山温泉(かみのやま温泉) | トップページ | 桜並木の下で散策と足湯ができる温海温泉(あつみ温泉) »

山形県の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/63140361

この記事へのトラックバック一覧です: 弁慶と源義経の子の産湯伝説が残る「瀬見温泉」:

« 上山の城下町として栄えた上山温泉(かみのやま温泉) | トップページ | 桜並木の下で散策と足湯ができる温海温泉(あつみ温泉) »