« 弁慶と源義経の子の産湯伝説が残る「瀬見温泉」 | トップページ | 日本三大美人の湯として知られる秋田県の湯瀬温泉 »

2016年1月30日 (土)

桜並木の下で散策と足湯ができる温海温泉(あつみ温泉)

山形県鶴岡市にある温泉という事で湯野浜温泉もありますが、湯野浜よりももっと新潟よりになるあつみ温泉を紹介しますね。昔は、漢字で温海温泉と書きましたが、今はあつみ温泉と紹介される方が多いです。

あつみ温泉街は、温海川沿いに広がっていて、大きい旅館が多い印象です。旅館数はそれほど多くないのですが、高級そうな旅館が多いかなぁという感じ?

あつみ温泉

それと温泉街全体のイメージとして綺麗で観光地化されています。カフェが併設された足湯日帰り浴場なども今風で人気出そうな雰囲気があります。その一方で約260年を数える朝市などもあり温泉街の昔の風情がそのまま残っているのです。

あつみ温泉の名前の由来ですが、温海川の川底から湧き出た温泉がそのまま日本海に流れ海の水を温かくした事からそう呼ばれるようになったとか。

あつみ温泉は河畔沿いを歩くこともできます。散策に適していて、特に桜の季節は桜並木が観光スポットにもなっているのでおすすめですよ。

あつみ温泉の開湯は、3つの伝説があります。弘法大師が夢で見た説、役小角が発見した説、木こりが鶴の湯治を発見した説です。

【場所】
山形県鶴岡市

【温泉泉質】
塩化物・硫酸塩泉

【人気のホテル・旅館】

« 弁慶と源義経の子の産湯伝説が残る「瀬見温泉」 | トップページ | 日本三大美人の湯として知られる秋田県の湯瀬温泉 »

山形県の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/63141732

この記事へのトラックバック一覧です: 桜並木の下で散策と足湯ができる温海温泉(あつみ温泉):

« 弁慶と源義経の子の産湯伝説が残る「瀬見温泉」 | トップページ | 日本三大美人の湯として知られる秋田県の湯瀬温泉 »