« 城下町だった会津若松の奥座敷「東山温泉」 | トップページ | 福島を代表する「飯坂温泉」は奥州三名湯の一つ »

2016年1月 8日 (金)

渓谷の美しい温泉街「芦ノ牧温泉」で露天風呂と散策を楽しむ

福島県会津若松市にある温泉というと東山温泉、そして今回紹介する芦ノ牧温泉(あしのまきおんせん)があります。芦ノ牧温泉は、東山温泉よりも南に位置していて、会津若松市の最南端の場所にあります。

芦ノ牧温泉といえば、何といっても渓谷美です。阿賀川沿いに旅館が立ち並び部屋から自然豊かな山や渓谷を楽しむことができます。温泉街のまわりは散策路があるので歩いてみるのも良いと思います。

芦ノ牧温泉

温泉街には現在14軒の旅館・ホテルがあります。東山温泉よりもリーズナブルな宿泊料金の宿が多いような気がします。そして、宿の露天風呂から渓谷を眺めるのがおすすめ。芦ノ牧温泉に共同浴場はないですが、足湯がありますし各旅館で日帰り入浴を受付しているようです。

最後に、芦ノ牧温泉の歴史も書いておきましょう。芦ノ牧温泉の歴史は古く1200年以上前に行基によって開湯したそうです。江戸時代までは地元民のみが利用していた温泉でしたが、明治に入り街道ができると温泉地として発展していったとの事です。

【場所】
福島県会津若松市

【温泉泉質】
塩化物泉、単純温泉

【楽天トラベル評価上位のホテル・旅館】

« 城下町だった会津若松の奥座敷「東山温泉」 | トップページ | 福島を代表する「飯坂温泉」は奥州三名湯の一つ »

福島県の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/63028701

この記事へのトラックバック一覧です: 渓谷の美しい温泉街「芦ノ牧温泉」で露天風呂と散策を楽しむ:

« 城下町だった会津若松の奥座敷「東山温泉」 | トップページ | 福島を代表する「飯坂温泉」は奥州三名湯の一つ »