« 赤倉温泉スキー場とともに賑わう赤倉温泉街 | トップページ | 渓谷の美しい温泉街「芦ノ牧温泉」で露天風呂と散策を楽しむ »

2016年1月 8日 (金)

城下町だった会津若松の奥座敷「東山温泉」

2013年の大河ドラマ「八重の桜」の舞台となった会津若松。その会津若松の中心部に近いのが湯川沿いにある温泉街・東山温泉(ひがしやまおんせん)です。会津若松城(鶴ヶ城)からも約3キロと近いところにあります。

東山温泉は、行基によって開湯したといわれる歴史ある古湯です。行基が三本足の不思議なカラスに導かれて発見したという伝承があります。硫酸塩泉の泉質は、リウマチや皮膚病などに効能があります。

そして、東山温泉は奥羽三楽郷と呼ばれました。他の二つは、上山温泉・湯野浜温泉(ともに山形県の温泉)です。現在も20軒以上の旅館・ホテルが存在していて会津若松の奥座敷として栄えました。からり妓さん(東山温泉の芸妓さん達)も温泉街で活躍しています。

東山温泉

東山温泉は、会津若松の観光スポットに近いだけでなくまわりにも自然豊かな場所がたくさんあります。代表的なのが多くの滝なのですが、その中でも東山四大滝(雨降り滝・原滝・向滝・伏見ヶ滝)は見る価値あります。

「まちなか周遊バス」というレトロなコミュニティバスを利用すると会津若松の観光スポットや東山温泉などで乗り降りできます。1日フリー乗車券など発売されているので利用してみるのもいいですね。

【場所】
福島県会津若松市

【温泉泉質】
カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉

【楽天トラベル評価上位のホテル・旅館】

« 赤倉温泉スキー場とともに賑わう赤倉温泉街 | トップページ | 渓谷の美しい温泉街「芦ノ牧温泉」で露天風呂と散策を楽しむ »

福島県の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/63025731

この記事へのトラックバック一覧です: 城下町だった会津若松の奥座敷「東山温泉」:

« 赤倉温泉スキー場とともに賑わう赤倉温泉街 | トップページ | 渓谷の美しい温泉街「芦ノ牧温泉」で露天風呂と散策を楽しむ »