« 2015年4月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月30日 (土)

桜並木の下で散策と足湯ができる温海温泉(あつみ温泉)

山形県鶴岡市にある温泉という事で湯野浜温泉もありますが、湯野浜よりももっと新潟よりになるあつみ温泉を紹介しますね。昔は、漢字で温海温泉と書きましたが、今はあつみ温泉と紹介される方が多いです。

あつみ温泉街は、温海川沿いに広がっていて、大きい旅館が多い印象です。旅館数はそれほど多くないのですが、高級そうな旅館が多いかなぁという感じ?

あつみ温泉

それと温泉街全体のイメージとして綺麗で観光地化されています。カフェが併設された足湯日帰り浴場なども今風で人気出そうな雰囲気があります。その一方で約260年を数える朝市などもあり温泉街の昔の風情がそのまま残っているのです。

あつみ温泉の名前の由来ですが、温海川の川底から湧き出た温泉がそのまま日本海に流れ海の水を温かくした事からそう呼ばれるようになったとか。

あつみ温泉は河畔沿いを歩くこともできます。散策に適していて、特に桜の季節は桜並木が観光スポットにもなっているのでおすすめですよ。

あつみ温泉の開湯は、3つの伝説があります。弘法大師が夢で見た説、役小角が発見した説、木こりが鶴の湯治を発見した説です。

【場所】
山形県鶴岡市

【温泉泉質】
塩化物・硫酸塩泉

【人気のホテル・旅館】

弁慶と源義経の子の産湯伝説が残る「瀬見温泉」

瀬見温泉(せみおんせん)は、赤倉温泉と同様に山形県と宮城県の県境付近に位置した山深いところにある温泉地です。

宮城県の鳴子温泉郷にも近いので、3つの温泉郷共通の湯めぐりチケットが発行されています。それぞれの名湯を堪能してみるのも良さそうですね。又、名物のふかし湯の体験もおすすめですよ。

瀬見温泉の歴史にはロマンがあります。源義経は平泉を目指す途中に、武蔵坊弁慶がこの湯を発見したとの言い伝えがあります。義経の子供・亀若丸の産湯を探していた弁慶が、岩から湯が立ちのぼっているのを見つけ長刀で割ったら温泉が湧き出た。その長刀の名前が「せみ王丸」だったので、温泉名に「せみ」がついたらしい。

弁慶岩

瀬見温泉の温泉街は、小国川沿いにあります。小国川の中に源泉があり、ここに湯船があって薬研の湯と言うらしいです。ちなみにここがあの弁慶のみつけた開湯伝説の場所だとか。

瀬見温泉は一見、錆びて古びた感じの温泉地に思えますが、老舗の旅館も多くおもてなしは上々との評判です。天皇陛下や皇族の方々が山形に訪問した際は、瀬見温泉に宿泊する事もあるのだとか。

【場所】
山形県最上郡最上町

【温泉泉質】
含石膏食塩泉

【人気のホテル・旅館】

2016年1月29日 (金)

上山の城下町として栄えた上山温泉(かみのやま温泉)

山形県上山市にある温泉地が上山温泉(かみのやまおんせん)です。

隣が山形の県庁所在地・山形市という事もあり山形観光の際、ここの温泉旅館に宿泊する方が多いです。又、山形新幹線のかみのやま温泉駅もありアクセスも良好の立地にあります。

奥羽三楽郷の一つとして昔から活気があった温泉街で、江戸時代に上山藩があり城下町としても栄えた歴史があります。奥羽三楽郷は他に東山温泉(福島県)と湯野浜温泉(山形県)があります。上山城は見学可能なので是非、立ち寄ることをおすすめします。そして上山温泉は、今でも多くの温泉客が訪れます。

上山城

かみのやま温泉街は、上山市内の湯町、新湯、十日町、河崎、高松、葉山、金瓶と分かれています。温泉街というと一つにかたまっているところが多いですが、上山温泉は各所に散らばっているといった感じです。

天皇陛下をはじめ皇族の御用達の老舗温泉旅館もありますし、家族経営の中小規模の旅館もあります。旅館やホテルの数も多くバラエティーに富んでいる感じがします。また、共同浴場の数も7軒と多いです。上山温泉は、山形を代表する温泉地と言っていいでしょう。

最後に、かみのやま温泉の開湯についてですが、1458年とされます。僧侶の月秀が、温泉の湯で脚の傷を癒す鶴を発見したと伝えられ、「鶴脛の湯」と呼ばれていました。

【場所】
山形県上山市

【温泉泉質】
食塩泉、含石膏弱食塩泉

【人気のホテル・旅館】

色白になりたい女性におすすめの名湯「蔵王温泉」

蔵王温泉は、山形県山形市にありますが、蔵王連峰の西のふもと、標高880メートル付近にあります。

かみのやま温泉にも近い場所にありますが、蔵王温泉は高湯であり自然を満喫できる温泉地と言えるでしょう。蔵王温泉は白布温泉(山形県)と高湯温泉(福島県)と並び奥州三高湯の一つに数えられています。

そして、冬は、国内でも有数の規模と言われる山形蔵王温泉スキー場がありスキー客の宿泊施設としても賑わいを見せます。蔵王といえば、樹氷も有名ですよね。

樹氷

大きな旅館、ホテルや保養施設まであります。又、共同浴場や日帰りで楽しめる入浴施設も充実しています。中でもおすすめなのが蔵王温泉の名物「大露天風呂」です。温泉街の一番上の位置にあって渓流沿いにダイナミックな露天風呂が広がっています。

蔵王温泉の泉質も素晴らしいものがあります。全国的にめずらしいとされる強酸性の硫黄泉で豊富な湯量が特徴です。ちょっと熱い乳白色のお湯なのですが、色白の効能が期待でき、皮膚病に良いとも言われています。ただ、酸性が強いので、必ず入浴後は洗い流すのを忘れずに。

蔵王温泉の開湯伝説は、日本武尊の時代まで遡ります。日本武尊の東征にお供した吉備多賀由により発見されたとの事です。

【場所】
山形県山形市

【温泉泉質】
酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉

【人気のホテル・旅館】

2016年1月28日 (木)

夏は海水浴客で賑わう夕日が美しい「湯野浜温泉」

山形県にある名湯という事で、まずは湯野浜温泉(ゆのはまおんせん)からご紹介致します。

日本海がすぐそばにある立地に温泉街が広がり、夏には沢山の海水浴のお客さんが集まってきます。朝早く海辺の砂場を散歩するのも良し。旅館から美しい夕日を眺めるのも良しです。湯野浜温泉にある旅館の露天風呂から夕日や朝日を堪能するのも良さそうですね。

湯野浜温泉

湯野浜温泉の歴史は11世紀に遡ります。漁夫が砂浜で大きな海亀を発見、湧き出た温泉で傷を癒しているのをみたという伝説が残っています。なので、湯野浜温泉と称される前は「亀の湯」と呼ばれたらしいです。

ちなみに歓楽温泉地としても知られ、奥羽三楽郷の一つに数えられています。他は、同じ山形県の「かみのやま温泉」と福島県の「東山温泉」です。

共同浴場や足湯、飲泉場所などもあって観光客にも人気があるそうです。湯野浜温泉の泉質は、無色透明の塩化物泉です。

【場所】
山形県鶴岡市湯野浜

【温泉泉質】
ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

【人気のホテル・旅館】

2016年1月25日 (月)

温泉番付で東の横綱に認定された、みちのくの名湯「鳴子温泉」

宮城県の温泉の中で唯一、鳴子温泉(なるこおんせん)を紹介していなかったので、改めて紹介したいと思います。

鳴子温泉は、奥州三名湯の一つであり、近年は「旅の手帖」が主催した温泉番付にて東の横綱と認定された名湯であります。ちなみに、奥州三名湯は他に福島県の飯坂温泉と宮城県の秋保温泉です。温泉番付の西の横綱は、別府温泉でした。

鳴子温泉

鳴子の温泉が湧き出したのは、826年に起きた鳥屋ヶ森山の噴火によるものです。さて、鳴子温泉の特徴といえば、やっぱり豊富な泉質と湯量だと思います。そして、硫黄の強いにおいですかね?あのにおいを嗅ぐと効いてるという感じがします(笑)

単純泉、硫黄泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉など様々な泉質のお湯を楽しむことができます。

鳴子温泉は、鳴子温泉駅前を中心として沢山の旅館やホテルが立ち並んでいます。大きな温泉旅館もあるし本格的な湯治宿や共同浴場もあります。すべて源泉かけ流しで50軒以上もの施設が存在しています。

日帰りの入浴施設も充実していますし、湯めぐりチケットも販売されています。共同浴場の「滝の湯」と「早稲田桟敷湯」は料金もかなり安いのでおすすめですよ。

その他、鳴子といえば、「鳴子こけし」が有名ですね。お土産やこけし作りの体験など温泉街を観光しながらぶらぶらしてはいかがでしょうか?

【場所】
宮城県大崎市鳴子温泉

【温泉泉質】
硫黄泉、芒硝泉、重曹泉、食塩泉など

【楽天トラベル評価上位のホテル・旅館】

花巻温泉は大型リゾートホテルと宮沢賢治!

岩手県花巻市街から西方向に約8キロ地点にあるのが花巻温泉(はなまきおんせん)です。

花巻温泉の印象は、華やかなリゾート温泉という感じです。山や川や花など、とにかく景観が美しいところです。

花巻温泉の湯は、台温泉から引き湯したものです。湯治をするというよりリゾートホテルで楽しみたい方におすすめかなと思います。特に、初夏から「花巻温泉バラ園」では広大な土地に美しいバラが咲き誇りますので見応えがあります。

温泉の宿泊施設は、大型のリゾートホテルが4軒あります。花巻温泉や花巻市街には、この地に誕生した宮沢賢治関連のものを沢山みることができます。宮沢賢治ファンの方は絶対に観光に訪れたほうがよいと思います。

【場所】
岩手県花巻市

【温泉泉質】
単純温泉

【楽天トラベル評価上位のホテル・旅館】

2016年1月24日 (日)

つなぎ温泉と並ぶ盛岡の奥座敷 リゾート感溢れる「鶯宿温泉」

岩手県の鶯宿温泉を紹介しますね。読み方は「おうしゅくおんせん」です。

鶯宿温泉は、つなぎ温泉と同様に盛岡の奥座敷として発展した温泉であります。大型レジャー観光施設のけんじワールドがあって温泉街も活気がありましたが、残念ながら2013年に閉館となりました。しかし、小岩井農場や八幡平にも近いので観光客の宿泊施設としてはまだまだ人気があります。

鶯宿温泉の温泉街は、鶯宿川を挟んで両側に20軒以上の旅館があります。大きくておしゃれなリゾートホテルから高級旅館、風情を感じる湯治宿など様々な施設が存在しています。中でも「ホテル森の風 鶯宿」は、岩手山を一望できるという空中露天風呂が人気を集めています。

鶯宿温泉の開湯は、約450年前の安土桃山時代に遡ります。川の中から湧き出ているお湯で傷を癒していた鶯(うぐいす)から温泉名を取ったらしいですね。

鶯宿温泉は、湯量も豊富なので、渓流沿いにある風景を楽しみながら満喫してみるのがおすすめです。

【場所】
岩手県岩手郡雫石町

【温泉泉質】
硫黄泉

【楽天トラベル評価上位のホテル・旅館】

2016年1月11日 (月)

糖尿病におすすめ!全国有数の硫黄泉を持つ「高湯温泉」

高湯温泉(たかゆおんせん)は、福島市の西部に位置する温泉です。

福島市にある温泉地というと他に岳温泉と土湯温泉がありますが、この二つの温泉地は安達太良山の中腹にあります。一方、高湯温泉は、吾妻山の中腹にあり標高750メートルのところに温泉街があります。

高湯温泉の特徴として薬効が高い高濃度硫黄泉として全国でも有数の温泉であります。海軍病院の神林博士は、全国一の有効温泉だと評したほどです。実際、硫黄の匂いが強く「さぁ温泉で悪いところ治すぞー」という感じにさせてくれます(笑)

お湯は、乳白色をしていて皮膚病や関節痛や神経痛だけでなく血糖値の正常化などにも効能を示すそうです。という事で、糖尿病の方に人気のある温泉ですね。

そして、高湯温泉は「奥州三高湯」の一つに数えられます。他は、山形県の白布温泉と蔵王温泉です。 高湯温泉は信夫高湯と呼ばれたそうです。

高湯温泉の歴史は400年以上あります。磐梯吾妻スカイラインの入口に10軒ほどの温泉街があります。各旅館のホームページで確認したところ日帰り入浴ができるところがほとんどです。

【場所】
福島県福島市町庭坂

【温泉泉質】
硫黄泉

【楽天トラベル評価上位のホテル・旅館】

2016年1月10日 (日)

温泉泉質に恵まれた「土湯温泉」のお土産は「こけし」で決まり

土湯温泉(つちゆおんせん)は、福島市の西部、土湯温泉町にある温泉地で岳温泉にも近い場所にあります。岳温泉と同じく安達太良山の中腹付近に温泉街があり現在19軒の宿泊できる施設があります。

ちなみに安達太良山の峠付近に広がる温泉地は、土湯温泉郷と呼ばれます。土湯温泉郷に含まれるのは、鷲倉温泉、赤湯温泉、野地温泉、新野地温泉、幕川温泉です。

土湯温泉のアピールポイントをいくつかご紹介しますね。

まず、「温泉の泉質」です。土湯温泉は、13種類もの泉質を持つと言われています。硫黄泉や炭酸水素塩泉や単純温泉や重曹泉や鉄泉などで、あらゆる効能が期待できますね。本格的な湯治をしたい方は土湯の名湯がおすすめだと思いますよ。

そして、「こけし」です。こけし発祥の地、こけしの里としても有名な土湯を訪れたらこけしをお土産にするのが定番です。こけし工房もいくつかあるので見学してみてはいかがでしょうか?土湯温泉のキャラクターは「きぼっこちゃん」と言ってとってもかわいいこけしの女の子です。

土湯温泉

最後に土湯温泉の歴史について。土湯温泉は1400年以上もの歴史ある温泉で、聖徳太子のお告げで開湯したとかいう伝説もあるそうです。また、昔は、福島から会津への街道沿いの宿場町としても栄えた歴史があります。

【場所
】福島県福島市土湯温泉町

【温泉泉質】
炭酸水素塩泉、単純泉、硫黄泉

【楽天トラベル評価上位のホテル・旅館】

酸性泉なのに肌に優しく柔らかな湯の「岳温泉」

岳温泉の読みは、「だけおんせん」です。福島県二本松市にある温泉で安達太良山の中腹にあります。

安達太良山といえば、高村光太郎の「智恵子抄」でも詠われました。そして、二本松市といえば「二本松の菊人形」があります。観光がてら岳温泉でお湯につかるのはいかがでしょうか?

そして、岳温泉の最大のアピールポイントとしてはその泉質が挙げられます。全国的にめずらしいとされる酸性泉を泉質に持つ岳温泉のお湯は、無色透明をしていて強い酸味があるのが特徴です。しかも、湯もみが徹底されているので肌に優しくて柔らかなので肌が弱い方でも安心して入浴できます。

もちろん、酸性泉なので湯上り時にはしっかりと洗い流すことです。ちなみに酸性泉は、美肌効果が期待できる上に胃腸や神経痛などにも効能を示します。

岳温泉に関してはコチラのサイトをチェックしてみて下さいね。

あだたら高原 岳温泉観光協会

【場所】
福島県二本松市

【温泉泉質】
酸性泉

【楽天トラベル評価上位のホテル・旅館】

2016年1月 9日 (土)

大内宿や塔のへつりを観光しながら「湯野上温泉」へ

日本の音風景100選にも選ばれた萱葺きの町並が印象的な大内宿をはじめ見事な渓谷美を堪能できる塔のへつりに近い温泉地が湯野上温泉です。ちなみに湯野上温泉からそれぞれ大内宿へは車で10分、塔のへつりには車で2~3分とかなり近いです。

そして、湯野上温泉の玄関口でもある湯野上温泉駅がこれまた素晴らしいのです。湯野上温泉駅の駅舎は、日本で唯一の茅葺屋根をしています。待合室の暖炉裏では火が焚かれていて風情があって良いです。大内宿にわざわざいかなくても昔の原風景を体感できるのはいいですね。

湯野上温泉

湯野上温泉街は、大川沿いに開けています。現在、18軒の旅館が点在していて、足湯もあります。源泉は、5つあり猿湯・上ノ湯・姥湯・舘ノ湯・舘新湯という名がついています。開湯は明治時代なので古くもなく新しくもないといった感じの温泉ですね。

温泉の泉質は、アルカリ性の単純温泉ですが、古い角質を落としてくれるそうなので美肌目的の女性に人気だとか。

【場所】
福島県南会津郡下郷町

【温泉泉質】
単純温泉

【楽天トラベル評価上位のホテル・旅館】

福島を代表する「飯坂温泉」は奥州三名湯の一つ

福島県の県庁所在地・福島市にある飯坂温泉(いいざかおんせん)は、歴史も古く温泉街の規模も東北でトップクラスの地位にある。福島の奥座敷とも呼ばれていて、奥州三名湯の一つにも数えられます。他は、鳴子温泉と秋保温泉(ともに宮城県)です。

飯坂温泉の温泉街は、摺上川沿いに60軒ほどの旅館やホテルが立ち並んでいます。大きな旅館から家族経営の小さな旅館まで大小様々な旅館があります。共同浴場も至る場所にあり現在9か所利用できます。

温泉というと山奥にあったり交通の便が悪い場所にあるイメージがありますが、飯坂温泉は比較的アクセスが良いところにあります。電車の乗り継ぎも楽ですし、高速道路のICにも程近いところにあります。

飯坂温泉近くの観光スポットといえばフルーツラインがあります。フルーツラインは、県道なのですが、果物畑や直売所がたくさん立ち並んでいます。果物は、桃やナシやリンゴ、サクランボなどですが、一番は桃でしょうか?福島といったら桃ですよね、やっぱり。

桃

フルーツラインで果物狩りを楽しんで飯坂温泉のお湯につかるのがおすすめですよ。

飯坂温泉の泉質は、単純温泉ですが、やや熱いのが特徴です。昔は、「鯖湖の湯」と呼ばれ、ヤマトタケルの東征まで遡るほどの歴史ある温泉です。有名な人も多く訪れていて、西行法師、松尾芭蕉、正岡子規、与謝野晶子、そしてヘレンケラーも2度訪れているそうです。

【場所】
福島県福島市飯坂町

【温泉泉質】
単純温泉

【楽天トラベル評価上位のホテル・旅館】

2016年1月 8日 (金)

渓谷の美しい温泉街「芦ノ牧温泉」で露天風呂と散策を楽しむ

福島県会津若松市にある温泉というと東山温泉、そして今回紹介する芦ノ牧温泉(あしのまきおんせん)があります。芦ノ牧温泉は、東山温泉よりも南に位置していて、会津若松市の最南端の場所にあります。

芦ノ牧温泉といえば、何といっても渓谷美です。阿賀川沿いに旅館が立ち並び部屋から自然豊かな山や渓谷を楽しむことができます。温泉街のまわりは散策路があるので歩いてみるのも良いと思います。

芦ノ牧温泉

温泉街には現在14軒の旅館・ホテルがあります。東山温泉よりもリーズナブルな宿泊料金の宿が多いような気がします。そして、宿の露天風呂から渓谷を眺めるのがおすすめ。芦ノ牧温泉に共同浴場はないですが、足湯がありますし各旅館で日帰り入浴を受付しているようです。

最後に、芦ノ牧温泉の歴史も書いておきましょう。芦ノ牧温泉の歴史は古く1200年以上前に行基によって開湯したそうです。江戸時代までは地元民のみが利用していた温泉でしたが、明治に入り街道ができると温泉地として発展していったとの事です。

【場所】
福島県会津若松市

【温泉泉質】
塩化物泉、単純温泉

【楽天トラベル評価上位のホテル・旅館】

城下町だった会津若松の奥座敷「東山温泉」

2013年の大河ドラマ「八重の桜」の舞台となった会津若松。その会津若松の中心部に近いのが湯川沿いにある温泉街・東山温泉(ひがしやまおんせん)です。会津若松城(鶴ヶ城)からも約3キロと近いところにあります。

東山温泉は、行基によって開湯したといわれる歴史ある古湯です。行基が三本足の不思議なカラスに導かれて発見したという伝承があります。硫酸塩泉の泉質は、リウマチや皮膚病などに効能があります。

そして、東山温泉は奥羽三楽郷と呼ばれました。他の二つは、上山温泉・湯野浜温泉(ともに山形県の温泉)です。現在も20軒以上の旅館・ホテルが存在していて会津若松の奥座敷として栄えました。からり妓さん(東山温泉の芸妓さん達)も温泉街で活躍しています。

東山温泉

東山温泉は、会津若松の観光スポットに近いだけでなくまわりにも自然豊かな場所がたくさんあります。代表的なのが多くの滝なのですが、その中でも東山四大滝(雨降り滝・原滝・向滝・伏見ヶ滝)は見る価値あります。

「まちなか周遊バス」というレトロなコミュニティバスを利用すると会津若松の観光スポットや東山温泉などで乗り降りできます。1日フリー乗車券など発売されているので利用してみるのもいいですね。

【場所】
福島県会津若松市

【温泉泉質】
カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉

【楽天トラベル評価上位のホテル・旅館】

2016年1月 6日 (水)

赤倉温泉スキー場とともに賑わう赤倉温泉街

新潟県と長野県の県境に近い赤倉温泉は、妙高山の山腹にあり温泉とともにスキー場が有名ですね。

赤倉温泉スキー場は、国内のスキーリゾートの中では老舗中の老舗です。スキー場の規模が大きく利用者も多いため、宿泊施設も安い旅館からリゾートホテル、高級旅館など様々、点在しています。足湯を楽しめる場所や日帰りを楽しめる施設などもあります。

赤倉温泉の歴史は古いのですが、霊山だった妙高山の入山が禁じられていたため温泉が栄えたのは明治に入ってからです。

赤倉温泉は文人にも愛され与謝野晶子や尾崎紅葉などが訪れました。中でも岡倉天心は別荘まで建ててこの地を亡くなりました。

【場所】
新潟県妙高市

【温泉泉質】
硫酸塩泉、炭酸水素塩泉

【楽天トラベル評価上位のホテル・旅館】

2016年1月 5日 (火)

川端康成「雪国」の世界!トンネルを抜けるとそこは「越後湯沢温泉」だった

川端康成の「雪国」は「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」の一文から始まります。とっても有名な一文ですよね。このトンネルの先にあるのが1000年以上もの歴史ある古湯「越後湯沢温泉」です。

越後湯沢温泉は、もともとは、静かな湯治場であったようです。しかし、アクセスが便利になると(上越新幹線の開通後)スキー客や観光レジャー客の温泉利用が増えた。

ちなみに新幹線利用では川端康成の雪国の風情を味わうことができません。トンネルを抜けると・・・の世界を味わいたい場合は、群馬県と新潟県の国境を走る在来線の利用がいいそうです。群馬県の水上駅(水上温泉も有名ですね)から上越線を使って清水トンネルを抜けると雪国の世界です。


雪国 新潮文庫

越後湯沢温泉は、旅館もたくさんありますが、同時に共同浴場もたくさんあります。外湯めぐり券なるものが発行されているので利用してみるといいかもしれませんね。

近くの観光施設としては、「雪国館」があります。湯沢町の歴史民俗資料館なのですが、川端康成ゆかりのものも多く展示されています。

【場所】
新潟県南魚沼郡湯沢町

【温泉泉質】
単純温泉、硫黄泉、塩化物泉

【楽天トラベル評価上位のホテル・旅館】

日本海に沈む夕日が美しい「瀬波温泉」と「笹川流れ」

新潟県村上市にある瀬波温泉(せなみおんせん)を紹介したいと思います。

瀬波温泉は、山形県と福島県に近く日本海の夕日が綺麗なところで有名です。温泉街は日本海に面する瀬波海岸沿いに開けています。現在、11軒の旅館、ホテルが存在します。

瀬波温泉近くには、国の名勝であり天然記念物に指定されている笹川流れがあります。もちろん、日本百景にも選ばれています。瀬波温泉、そして笹川流れで風光明媚な日本海に沈む夕日を観るのがおすすめです。

笹川流れ

各温泉旅館では、日本海で獲れた新鮮な魚介類を頂けます。名物は鮭ですが、ブリやカニなども美味しいと評判です。

瀬波温泉は、温泉としては普通というか際立った特徴はないのですが、温泉につかりながら綺麗な夕日を観たい方、景色を楽しみたい方におすすめの場所だと思います。

【場所】
新潟県村上市

【温泉泉質】
塩化物泉

【楽天トラベル評価上位のホテル・旅館】

2016年1月 4日 (月)

新潟のパワースポット弥彦神社近くの「岩室温泉」

岩室温泉(いわむろおんせん)は、新潟県新潟市西蒲区にある温泉です。新潟市にあるという事で湯治だけでなく歓楽街的なところもありますので芸者さんもいるようです。

岩室温泉は、越後国の一の宮「弥彦神社」の北に位置しています。弥彦神社は、弥彦山の麓にあり「おやひこさま」と呼ばれる由緒ある新潟最大の神社です。万葉集にも2首歌を詠まれており最近ではパワースポットとしても有名です。

弥彦神社にお参りしながら岩室温泉で温泉につかるのがおすすめです。

岩室温泉の開湯は、江戸時代中期と言われています。ある庄屋が、夢のお告げを聞いて温泉で傷を癒している一羽の雁を発見したそうです。それが岩室温泉発祥だと伝えられています。

温泉の効能は、神経痛や関節痛の他、リウマチや冷え性や肩こり。湯上りは肌がつやつやになると評判らしいです。

【場所】
新潟県新潟市西蒲区

【温泉泉質】
塩化物泉

【楽天トラベル評価上位のホテル・旅館】

新潟の奥座敷!美人になれる湯、それは「月岡温泉」

新潟県の温泉を紹介していきます。

トップを飾るのは、新潟市にも近い温泉地という事で「月岡温泉(つきおかおんせん)」です。新潟県を代表する温泉地という事だけでなく全国の温泉地、温泉旅館などでも毎年ランキングされるほどです。

月岡温泉は、温泉街としてはかなり賑わっており湯治客だけでなく観光客もたくさん集まってきます。様々な旅館、ホテルがあり大小で20数件あると言われています。

そして、月岡温泉は女性人気も高いです。「美肌になれる温泉」「美人になれる温泉」として有名です。効能としては、神経痛や関節痛、冷え性や皮膚病があります。

温泉は、透き通って綺麗なエメラルドグリーンが特徴です。硫黄成分の濃度が高く国内2番目の含有量を誇ります。ちなみに1位は万座温泉です。硫黄泉ですが、弱アルカリ性なので肌にも優しく女性に人気なのも頷けますね。

温泉街を観光するのも良いし近くには「清水園」や「新発田城」どもあります。新潟市にも近いので観光しながら温泉につかるのがおすすめですね。

新発田城

【場所】
新潟県新発田市

【温泉泉質】
含硫黄-ナトリウム-塩化物温泉

【楽天トラベル評価上位のホテル・旅館】

« 2015年4月 | トップページ | 2016年2月 »