« ぬるぬるした感触が特徴!うなぎ湯「中山平温泉」 | トップページ | ゆげ街道をぶらり散歩しながら湯の街を堪能「山中温泉」 »

2014年1月15日 (水)

泰澄大師が開いた北陸の古湯「粟津温泉」と「那谷寺」

粟津温泉(あわづおんせん)は加賀温泉郷のひとつで、718年に泰澄大師が開いたとされる歴史のある温泉です。北陸地方では、最も古いとされていますね。

山間の静かな場所に宿泊の宿が点在しています。宿の殆どは、自家堀の豊富な源泉を持っているそうですよ。近年、格安温泉旅館が多くなっている中で、粟津温泉は比較的、老舗旅館が頑張ってきたところです。その中でも「旅館 法師」は、粟津温泉の開湯とともに歩んできた由緒正しき老舗旅館です。

また、2008年には粟津温泉の中心部に共同浴場「粟津温泉総湯」がオープンしました。もともとあった共同浴場が移転したわけですが、新しい施設の共同浴場はやっぱりいいですね。

粟津温泉は、温泉街を散策するのもおすすめです。幸せの鐘や縁結びの絵馬など「恋人の聖地」としてのスポットがいろんなところにあります。また、泰澄大師ゆかりの那谷寺も是非、訪れてほしいところです。

【場所】
石川県小松市粟津町

【温泉泉質】
硫酸塩泉(芒硝泉)

【人気のホテル・旅館】

« ぬるぬるした感触が特徴!うなぎ湯「中山平温泉」 | トップページ | ゆげ街道をぶらり散歩しながら湯の街を堪能「山中温泉」 »

石川県の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/58951789

この記事へのトラックバック一覧です: 泰澄大師が開いた北陸の古湯「粟津温泉」と「那谷寺」:

« ぬるぬるした感触が特徴!うなぎ湯「中山平温泉」 | トップページ | ゆげ街道をぶらり散歩しながら湯の街を堪能「山中温泉」 »