« 城下町の散策と静かな温泉を楽しむ「白石温泉」 | トップページ | アルカリ性単純温泉の秘湯「二口温泉」 »

2013年12月12日 (木)

渓谷沿いにある風情豊かな白石「小原温泉」

宮城県白石市にある小原温泉(おばらおんせん)を紹介しますね。

小原温泉は、前回紹介した白石温泉をもっと山側に入っていくとあります。白石温泉も小原温泉も国道113号線沿いにある温泉なんです。国道113号線は、別名を七ヶ宿街道と言います。小原温泉に行く道路は、渓谷が続いていて紅葉の時期や新緑の時期は凄く眺めが良いです。遊歩道もあるので、温泉だけでなく景色を楽しむのもおすすめですね。

小原温泉の泉質は、単純温泉硫酸塩水です。それと、眼に良い温泉としても有名で「目に小原」と呼ばれていたそうです。温泉の発見は、平安時代の終わりという事なので、かなり歴史が古いですね。何でも源義経の家来であった常陸坊海尊が発見したそうですよ。(弁慶ではないです。笑)

白石川上流に湧く温泉であり、川沿いに現在は3軒の旅館があります。10年前ぐらいは5軒の旅館があったようですが、なくなってしまったのでしょうか?当時の旅館はすべて露天風呂を持っていたそうですよ。

又、宿泊しなくても小原温泉には共同浴場が存在します。市営の「かつらの湯」と言って、遊歩道沿いにあり渓谷の岩の背にある何とも風情溢れる岩風呂になってます。たったの200円で利用できるので、これはもう入るしかないですよね♪

【場所】
宮城県白石市

【温泉泉質】
単純温泉、硫酸塩水

【人気のホテル・旅館】

« 城下町の散策と静かな温泉を楽しむ「白石温泉」 | トップページ | アルカリ性単純温泉の秘湯「二口温泉」 »

宮城県の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40747/58741964

この記事へのトラックバック一覧です: 渓谷沿いにある風情豊かな白石「小原温泉」:

« 城下町の散策と静かな温泉を楽しむ「白石温泉」 | トップページ | アルカリ性単純温泉の秘湯「二口温泉」 »